膀胱の大きさを診断する

「おねしょ」をしてしまうひとにとって、「おねしょ」というのはつらいものです。

子どもの時の「おねしょ」であればまだしも、大人になってきてから、「おねしょ」をしてしまうということは非常に自分自身の自信の喪失につながってしまうことにもなります。

そんなときに少し考えてしまうのが、自分の膀胱の大きさというのは、小さいのではないかということです。

確かに膀胱の大きさが多いくなければ、ためられるおしっこの量も少なくなってしまうので、「おねしょ」をしてしまう可能性も、出てくるということにもつながります。

そんなときには、膀胱の容量を測定する方法がありますが、皆さんはご存じだったでしょうか。

膀胱の大きさを測る時には、おしっこを限界まで我慢するということが前提にあります。

おしっこを限界まで我慢したうえで、放尿するときに計量カップなどでその量がどれくらいになのかを調べていく、という方法になります。

これによって膀胱の大きさがわかるのですね。

さて、気になる膀胱の大きさの平均値ですが、6歳から8歳大体150ccぐらいになります。

9歳から11歳の場合で200cc、12以上が300cc前後だといわれています。

ですから、これ以上小さい場合などですと、膀胱が小さいわけですから、「おねしょ」をしてしまうというのも理由の一つとして挙げられることでしょう。

しかし、「おねしょ」というのは治療によって軽減していくことが可能ですから、深く悩む必要はありません。

Comments are closed.